スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



中古車購入と車の手続き案内 はじめに

中古車購入と車の手続き案内 はじめに

 皆さんは車庫証明という手続きをご存じでしょうか。
 自動車を所有するとき、原則として自動車を置く場所を確保していなければなりません。つまり、他人の土地や公の道路に勝手に車を置いてはいけないということで、きちんとした車の置き場所を確保していることが、自動車を所有する条件となっています。

 この手続は警察署の交通課で申請するのですが、現に車に乗っている人でも今までそんな手続をしたことのない人がほとんどだと思います。これは実は、車を買ったときに自動車販売店が購入者に代わって手続をしているからです。
 
 そして自動車を販売店から購入したとき、その代金にはこの車庫証明手続の手数料が含まれています。そうであれば車庫証明の手続を自分でした場合、その分だけ自動車購入代金が安くなるかどうか販売店に確認し、もし安くなるのであれば、車庫証明の手続を自分でするのも購入費用を抑える一つの方法かと思います。

 かつては車庫証明の手続は販売店に任せることが普通でしたが、最近は、少しでも購入費用を抑えるため車庫証明の手続を自分でしようとする方が増えているようです。現に警察署の窓口で一般の特に若い人が車庫証明の申請手続きについて尋ねている姿をときどき見かけます。

 また、車を購入した場合、車検証に自分の名前を入れるための登録手続が必要になります。車の購入代金にはこの登録手続の手数料も含まれていて、この登録手続も販売店に任せることが普通ですが、中古車購入の場合で販売店が同意してくれるのであれば、この登録手続を自分ですることも可能です。

 なお、新車購入の場合はこの登録手続は販売店がすることになっていますが、車庫証明の手続きだけは、購入者が自分でもすることができます。

 その他、個人の間で売買・贈与などにより車を譲り受け、名義変更のための登録手続を自分でする必要に迫られる方もいます。この場合、知りあいの自動車屋に頼めば手配をしてくれるとは思いますが、当然それ相応の手数料がかかります。もし、費用を抑えられてさほど難しくないのであれば自分でするに越したことはありません。

 このサイトでは、このような中古車購入の際の車庫証明名義変更その他の手続きを自分でしてみたいという方のために、その手続の仕方を説明するとともに、そのほか中古車購入に際して役立つ情報を紹介していきたいと思います。




車検証の見方

車検証の見方

 自動車の登録や車庫証明の手続をするためには、車検証の基本的な見方を知る必要があります。

1.車の特徴を表示する部分

自動車登録番号
 車のナンバープレートの番号です。車両番号ともいいます。これは新しい番号を付けたり、自分の希望する番号を付けたりすることもできます。

車名
 車名というと普通は「プリウス」「スカイライン」「フィット」「ジムニー」といった車それぞれの名前を思い浮かべますが、車検証や車庫証明でいう車名というのは、「トヨタ」「日産」「ホンダ」「スズキ」といった自動車メーカー名のことを言います。一般の感覚とは違うところなので気を付ける必要があります。

型式
 自動車を型により分類する記号です。例えば「カローラ」なら同じ「カローラ」の中でもいろいろなタイプがあり、そのタイプにより型式が異なります。

車台番号
 車検証の中では最も重要な項目です。それぞれの自動車にひとつしかない固有の番号です。車台番号はその車を特定する番号で車台に刻み込まれています。

長さ・幅・高さ
 文字通り、車のサイズを表します。

2.所有者・使用者を表示する部分

所有者
 自動車を所有する人です。例えばAさんがディーラーの甲会社から割賦販売で車を買った場合、購入代金を完済するまで所有者は甲会社となります。

使用者
 自動車を使用する人です。例えばAさんがディーラーの甲会社から割賦販売で車を買った場合、購入代金を完済するまで所有者は甲会社となりますが、使用者は車を購入したAさんです。

 所有者と使用者が異なることが自動車の場合よくあります。これを所有権留保(その車のことを所有権留保車)といいます。これが自動車の場合のひとつの特徴なので理解しておく必要があります。

使用の本拠の位置
 車を使用する本拠地です。通常は使用者の住所地ですが、違う場合もよくあります。例えば会社の本店が東京にあり支店が例えば富山市にあって、会社の車を富山支店で使う場合、車検証の会社の住所地は東京であっても、使用の本拠は富山市ということになります。車のナンバーは富山ナンバーです。



最新記事

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。